いつの時代も愛されるアンティーク家具を暮らしに取り入れる!

アンティーク家具は、私達の暮らしを彩るエッセンスとして素敵に空間を演出してくれます。では、アンティーク家具の魅力とは一体何なのでしょうか。ここでは、アンティーク家具初心者さんに向けた、アンティーク家具の基本と魅力についてお届けします。

アンティークとは?

アンティーク食器

本来フランス語で「骨董品」としての意味を持つのがアンティークです。しかし、アンティークを定める基準は、ハッキリとしたものと言うのが今も昔も存在していません。現在におけるアンティークと言われる基準として、1934年にアメリカで「100年を経過した手工芸品・工芸品・美術品」言われた事が今の世の中にアンティークの定義として一般的に広まっています。

アンティーク家具の良い所とは?

アンティークな椅子とピアノ

アンティーク家具は、時代を経て今の時代に残っている希少価値の高い物が多く存在しています。なので、アンティーク家具との出会いは一期一会であり貴重でもあります。購入する機会を逃してしまう時もあるし、再びお気に入りだった家具に巡り会う事が出来るかも知れない、そんなドキドキ感やワクワク感があるのがアンティーク家具との出会いです。家具に一目惚れする事もありますし、自分の胸をときめかせくれる出会いもあります。今は生産されていないアンティーク家具だからこそ、気に入ったアンティークとの出会いは大切で、自分だけの特別な家具として暮らしを彩ってくれます。

流行を問わない家具の魅力

アンティーク家具は、長い時代を超えて長きに渡って多くの人から愛されています。その長く愛される理由の一つに、アンティーク家具のデザイン性が挙げられます。どうしても流行ものと言うのは、その時は良くても飽きが来たら終わりが来てしまいます。しかし、アンティーク家具のデザイン性は、流行を問わない正に定番なデザインなのです。

定番だからと言って魅力が無い訳ではありません。その時代ならではのデザインを堪能出来たり、趣を感じたりする事が出来ます。このように、アンティーク家具は、アンティークの味わいを失う事無く時を経て、現在の暮らしの中に自然と寄り添ってくれるのです。

アンティーク家具の魅力とは?

アンティークな店

アンティーク家具は、長い歳月が経って味わい深い深みが滲み出ています。そのアンティーク家具の趣からは、アンティーク家具が当時の時代の過ごしてきた歴史を目と肌で感じる事が出来ます。特に、海外のアンティーク家具では、当時のライフスタイルや生活感を感じる事ができたり、家具のデザインや作り等から時代背景や当時の様子を感じ取る事が出来たり、家具を色々鑑賞して楽しむ事が出来ます。なので、アンティーク家具が好きな方にとって海外のアンティーク家具と言うのは、非常に心を掴まれるポイントが沢山あります。

希少価値が高い家具を手に入れる事が出来る

アンティーク家具は、100年近く経っても丈夫で持ちが良く長きに渡って愛用されていますよね。アンティーク家具と言うのは、今市場で販売されている家具とは異なり、家具に使用されている素材も、現在では考えられないような高級素材が使用されています。また、家具を製造する工程も一つ一つの作業が丁寧に行われており、品質の良い高級な家具となっています。アンティーク家具の中には、現代では入手する事の出来ない木材等が使用されているケースが多くあり、家具の希少価値が高い物が沢山あります。

修復して長く使用する事が出来る

アンティーク家具は、現代の一般的な家具とは異なり家具の素材の品質が上質であり、修復する事を考慮されたデザインの作りになっています。なので、万が一家具のどこかが壊れてしまったとしても、綺麗に修復をして使用し続ける事が出来ます。定期的に家具の手入れを行う事と長期に渡って良い状態のままのアンティーク家具を使用する事が可能です。品質の良い家具を手入れしながら大事に使っていけるのがアンティーク家具です。また、自分が使用していた家具を次の世代の自分の子供へと代々受け継いでいく事が出来、アンティーク家具の歴史と共に家族の歴史も刻んでいけるのも魅力です。

アンティーク家具で使用されている木材とは?

様々な木材

アンティーク家具と言えば、木材で作られた立派なテーブルやキャビネット等をイメージされる方も多いのではないでしょうか。様々な素材で作られているアンティーク家具は、それぞれに素材に魅力があって素敵ですよね。でも、一体、具体的に各素材の特徴や違いが何なのか知りたいと思っている方もいますよね。ここでは、アンティーク家具に使用されている事が多い木材をピックアップして紹介します。

昔から親しまれてきたオーク材

オーク材は、主に高級家具の素材に使用されており、ヨーロッパの中世時代から家具の素材として使用されてきています。素材の特徴として、経年変化によって素材が味わいの深い色味に変わっていき、家具にも落ち着いた雰囲気が出てきます。とても堅い素材なので彫刻が入れやすく、オーク材のアンティーク家具には綺麗な彫刻が施されているものが多く存在します。また、木目が虎の斑紋のように見える事から、虎斑(こはん)と言われており、とても貴重な木目柄となっています。

木材の王様マホガニー材

マホガニー材は、高級木材で世界的にも人気の高い素材で、ホテル、高級家具、装飾用材等に使用されている世界で有名な三大木の一つです。黄金の木とも言われており、木材の繊維に光沢感があって、木材に光が当たると縦縞のリボン杢模様が映し出されます。木の色味は上品な赤褐色をしており、経年変化する事で木材の色味も濃くなり、リボン杢の模様にも深い味わいが出てきます。マホガニー材が使用されたアンティーク家具は、当時、英国人の間では大変好まれた素材として親しまれていました。

定番のウォールナッツ材

ウォールナッツ材は、日本だとクルミの木として知られている素材です。木材を加工したり密着させたりする事に優れており耐震性も強い素材になっています。なので、家具をはじめ建材としても使用されている事も多いです。ウォールナッツ材もマホガニー材と同様、世界で有名な三大木の一種となっています。木目の美しさや、経年変化によって木材の色が褪せた風合いがまた新しい雰囲気を演出してくれます。

ナチュラルなパイン材

パイン材は、日本だと松の木として知られている素材です。パイン材には、色々種類が存在しますが、木目が綺麗なので加工せずに木材の素材を活かした活用も多い事が特徴です。パイン材は経年変化するが殆ど無いので、パイン材が使用されたアンティーク家具にはその家具独自の雰囲気や色合いがあります。

まとめ

花柄のアンティークチェア

アンティーク家具は、現代では決して手に入れる事の出来ない貴重で素敵な品物です。前からアンティーク家具に興味があったけれど、どこか縁遠い存在のように感じていた人も、改めてアンティーク家具について触れるきっかけになったのではないでしょうか。アンティーク家具と言うのは、いつの時代を経ても魅力の尽きない素敵な魅力を持っている家具です。是非、アンティーク家具に興味のある人は、自分の暮らしの中にアンティーク家具を取り入れて、日々の生活をより豊かにしてみてはいかがでしょうか。